日々のTEMPフォルダ

STEAMとか備忘録とかあと適当に

【デレステ】特技発動率ポテンシャルの検証と放置編成への影響

f:id:ch1rim3n:20180515021434p:plain

※18/08/31追記

おいおいブログに書きますが、検証時に間違いがありそれを元に記事にしてしまっているため以下の内容はぜんっぜん当てになりません。特技発動率ポテンシャルは基礎発動率加算説が有力であり属性一致スキブセンターで中確率特技が100%を超えるのは特技ポテ+4です。

大変申し訳無い。

 

追記終わり

※18/09/05追記

再検証したものを記事にしました。こちらを参考にしてください

chillymen.hatenablog.com

 ※追記終わり

 

デレステVer3.9.1にて追加された要素、特技発動率ポテンシャルの開放についての検証と、本実装における放置編成への影響を考えます。

 

最初に結論だけ書くと特技発動率ポテンシャルは別枠加算もしくは乗算であり、

中確率ダメガ持ちにポテ+5することで放置可能な楽曲が格段に増えます。

 以下とっても長いので興味ある人だけどうぞ

 

 

特技発動率ポテンシャルの検証

はじめに

特技発動率ポテンシャルは従来どおり0~10まであり最大で+20%の表記となります。それぞれでの発動率の上昇値は以下の通り。

 

ポテンシャル振りによる上昇値
ポテンシャル 上昇値
+1 +1%
+2 +2%
+3 +3%
+4 +4%
+5 +6%
+6 +8%
+7 +10%
+8 +13%
+9 +16%
+10 +20%

 

また特技発動率は次のような式で求められます。

特技発動率=基礎値*(1+0.555*(特技レベル-1)*(1+属性一致+センタースキル効果)

ここで基礎値は高確率特技で40%、中確率特技で35%。特技レベル10のとき発動率はそれぞれ59.98%52.4825%。以下本文中では特別な記載がない場合、基礎値を特技レベル10のときの値として扱う。

属性一致は30%

センタースキル効果はトリコロールアビリティ(スキブ特技)で50%

 

ここでは特技発動率ポテンシャルの計算式を検証します。

 

 

計算式候補 

ここでは特技発動率ポテンシャル開放により従来の特技発動率の式がどう変化するのか検証する。

以下の4つの式を仮定した。

①基礎発動率加算説

特技発動率=(基礎値+ポテンシャル上昇分)*(1+属性一致+センタースキル効果)

②センタースキル効果加算説

特技発動率=基礎値*(1+属性一致+センタースキル効果+ポテンシャル上昇分)

③別枠加算説

特技発動率=基礎値*(1+属性一致+センタースキル効果)+ポテンシャル上昇分

④別枠乗算説

特技発動率=基礎値*(1+属性一致+センタースキル効果)*ポテンシャル上昇分

 

 

検証

7秒中確率ダメージガード特技を持つ[きぐるみもふもふ] 市原仁奈+を編成した放置編成を組み、ツインテールの風MASTERをプレイして発動率を検証する。

・編成

[エンド・オブ・ザ・ブルー] 速水奏+ (センター)

[幻想と神話の紡ぎ手] 神崎蘭子+

[ステージオブマジック] 渋谷凛+

[ステージオブマジック] 島村卯月+

[きぐるみもふもふ] 市原仁奈+

 

f:id:ch1rim3n:20180724194445p:plain

・すべてレベル最大、特技レベル最大

・ゲストは特技発動率に影響のあるセンタースキル効果持ちを選ばない

・1曲プレイ中7秒特技の発動回数は最大16回

 

・検証結果①

市原仁奈の特技発動率ポテンシャルを+4(+4%)で検証したところ、特技が発動しない場合があった。

 

・考察①

前出の式を用いると

①特技発動率=(52.4825+4)*(1+0.3+0.5)=101.7%

②特技発動率=52.4825*(1+0.3+0.5+0.04)=96.6%

③特技発動率=52.4825*(1+0.3+0.5)+4=98.25%

④特技発動率=52.4825*(1+0.3+0.5)*1.04=98.47%

 

①基礎発動率加算説は100%を超えてしまうため、この説棄却される。

 

・検証結果②

市原仁奈の特技発動率ポテンシャルを+5(+6%)で検証したところ、15回プレイしてすべて発動した(240/240)。

 

・考察②

前出の式を用いると

①特技発動率=(52.4825+6)*(1+0.3+0.5)=105.3%

②特技発動率=52.4825*(1+0.3+0.5+0.06)=97.6%

③特技発動率=52.4825*(1+0.3+0.5)+6=100.1%

④特技発動率=52.4825*(1+0.3+0.5)*1.06=100.5%

 

②センタースキル効果加算説は97.6%だが240回連続で発動する確率は0.3%であり疑わしい

 

まとめ

検証①検証②により特技発動率ポテンシャルは従来の計算式に別枠で加算、もしくは乗算されていると考えられる。

また後述の放置編成への影響で述べるが別枠加算、別枠乗算どちらの場合でも放置編成を組む時の最低ポテンシャルは変化しない

 

 

特技発動率ポテンシャル実装による放置編成への影響

これまでの編成で特技発動率が100%を超えるのは属性一致かつトリコロールアビリティセンターの編成での高確率特技のみだった。

従来の放置編成ではトリコロールアビリティを持つキャラをセンターに組み、他4枠に判定強化スキル、ダメージガードスキル、トリコロールシナジースキルを採用することが多い。この内判定強化スキルとトリコロールシナジースキルは高確率特技であり、ダメージガードスキルは高確率スキルと中確率スキルをもつキャラが存在する。

 

特技発動率ポテンシャルを+10した時、以下の2つの場合で新たに特技発動率が100%を超える。

・中確率:属性一致トリコアビリティ

・高確率:属性不一致トリコアビリティ

 

中確率:属性一致トリコアビリティの場合

従来の完全放置編成ではダメージガードスキルは高確率しか採用できなかった。しかし特技発動率ポテンシャルを振ることで中確率が100%発動できると放置できる曲が増える可能性がある。

例えば同じ7秒ダメージガードスキルを持つ[きぐるみもふもふ] 市原仁奈+と[華・美・雅] 月宮雅+を比べると以下のようになっており、高確率よりも中確率のスキルのほうがダメージガードの発動時間が長くなっている。

・7秒毎、中確率で少しの間(5.94秒)、ライフが減少しなくなる

・7秒毎、高確率でわずかな間(4.46秒)、ライフが減少しなくなる

つまり1回のスキルのクールタイムが中確率のほうが短いので、よりカバーできる範囲が増え今までは放置できなかった楽曲が放置できるようになると考えられる。

上述の③説④説ともに特技発動率ポテンシャルを+5(+6%)した場合、中確率特技発動率は100%を超える。

事実こちらの記事で紹介した放置編成の11秒高確率ダメガをポテ5振り7秒中確率ダメガに変えた編成で、今までは放置できなかった以下の曲のクリアを確認した。

f:id:ch1rim3n:20180515002448p:plain

ツインテールの風

・命燃やして恋せよ乙女

GOIN'!!!

・桜の風

・秋風に手を振って

・BEYOND THE STARLIGHT

・ゴキゲンParty Night

 ・Vast world

・Yes! Party Time!!

などなど

 

※18/07/25 追記

以下の記事にて放置可能な楽曲をきちんと調べました

chillymen.hatenablog.com

 追記終わり

 

高確率:属性不一致トリコアビリティの場合

上述したように従来の放置編成では楽曲とキャラクターの属性一致とトリコロールアビリティを同時に用いるため必然的に全タイプ楽曲のみが放置可能だった。しかし、属性不一致でもポテンシャルを降ることによって高確率ダメガが100%を超える。これにより従来では放置できなかった各属性曲でも編成とポテンシャル次第で放置編成が組める可能性がある。

上述の③説④説ともに特技発動率ポテンシャルを+8(+13%)した場合、高確率特技発動率は100%を超える。

 

まとめ

特技発動率ポテンシャルは従来の特技発動率の計算式に別枠加算、もしくは乗算

特技発動率ポテンシャルは放置編成だけを考えるなら 中確率は+5高確率は+8までで十分

特技発動率ポテンシャル開放によって放置編成はずいぶん変わると思われます。実装時はバグ検証のためにリセットしたニナチャーンもこれで報われる。

 

参照 https://imascg-slstage-wiki.gamerch.com/%E7%89%B9%E6%8A%80

 

ところでライラさん可愛いよね?

f:id:ch1rim3n:20180725111606p:plain

f:id:ch1rim3n:20180725111621p:plain

f:id:ch1rim3n:20180725111639p:plain